仕上げ処理

  • HOME
  • 仕上げ処理

仕上げ工程

Massivitで造形したモデルは、一例として以下のような工程で後仕上げ処理します。

1.繕い塗り

サポート・外部リブを切断した後、必要に応じて補修を行います。

造形モデル 造形用ゲルでモデル表面の穴を埋める。
※本工程は、通気の良い場所で行って下さい。
余分なゲルをふき取る
UVランプでゲルを硬化
※保護メガネを使用して下さい。
モデルのバリをペンチで除去 バリ取り後の粗い部分を研磨

2.補強(発泡ウレタンの充填)

強度を持たせる等、必要に応じて内部に発泡ウレタンを充填したり、FRP(ガラスファイバー)を貼り付けたりします。

2液型ポリウレタンのA剤とB剤を同量用意し、混ぜ合わせます(すぐに反応が起こります)。

発泡が始まる前に、モデルの空洞内に液を流し込みます。発泡して体積が増える量を考え流し込む量や場所を調節して下さい。 流入する量が多過ぎますと、モデルが変形したり、割れたりすることがありますのでご注意下さい。

3-1.組立(金具等の仕込み)

パーツ同士の接続、モデルを立たせたり設置位置に固定させる、重量を支えるなどの目的の為に金具等を挿入します。
内部で金具がうまく固定されるよう発泡ウレタンなどを流し込むこともあります。

3-2.組立(接続・接着)

Massivitの造形モデルを接着する場合には、接着剤としてDimengel(Massivitの材料)を使用することが出来ます。

一般的には、
モデルとモデルを接続する場合、
接着剤などを使うと・・モデルと接着剤は、物性が異なるので、

力が加わると・・

接続した箇所が壊れます。
Massivitの場合には、
モデル材(Dimengel)を接着剤として使用するので、

接続された物は、最初から一体で造形されたかのように全体が同化します。

※市販の瞬間接着剤などでも接着は可能です。

4.表面下処理

塗装やコーディングを行う場合には、表面を平滑にする為に下処理を行います。

パテ埋め

自動車用パテでモデル表面の段差を埋めていきます。
パテが固まったところで、表面を研磨していきます。

プライマー処理

プライマーをモデルの表面に吹き付け、パテ埋めの不十分な箇所を明らかにします。不十分な箇所は再度パテ埋め・研磨・プライマーの手順を繰り返します。(パテ埋めせずにプライマー処理することも可)

ポリウレタンコート

モデルは2液型ポリウレタンなどで表面処理することも可能です。

ポリエステル/エポキシコート

ポリエステルやエポキシで表面処理することで、モデルが滑らかになると同時に、表面の物性強化にもつながります。※ポリエステルは有毒です。

5.塗装

エアブラシやスプレーブラシ、大型のモデルにはスプレーガンを使用して、最終塗装を行います。

マネキンメーカーにて「パテ・研磨・塗装・接続設置具挿入」を行って頂きました。
自動車の板金工場にて100%自動車向けの材料を使用し「パテ・研磨・塗装」を行って頂きました。